太正湯・番頭のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 追悼:エド・マクベイン

<<   作成日時 : 2005/07/09 00:55  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

エド・マクベイン氏が死去した。
中学生で初めて87分署シリーズ「警官嫌い」を読んで、「ハートの刺青」ではまり「キングの身代金」「八千万の眼」「われらがボス」をドキドキしながら読み、「人形とキャレラ」「クレアが死んでいる」「殺意の楔」「麻薬密売人」で涙を流した。

 ちなみに私は3級刑事のバート・クリング刑事がお気に入りで、新刊が出るとまず登場人物のリストに彼の名前があるかどうかを確認しながら買っていました(笑)。

思えばクリング刑事は警官から刑事になって恋人を亡くし、新しい恋人と出会い、結婚して、離婚して…長いシリーズの中で一人の男の人生をかいま見せてもらったような気がします。

87分署シリーズといえば警察小説の草分け。警察小説ということで一級のミステリーでありながらその捜査をする刑事たちも実に人間くさく、弱点だらけ、でもそこがとても魅力的です。
作者であるマクベイン氏は亡くなりましたが、作品は残ります。このBlogには1件ずつしかリンクがはれないので何冊かこれから紹介していこうかと思ってます。
これを機に一度読んでみてはいかがでしょうか?

警官嫌い
警官嫌い (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 13‐1))

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
追悼:エド・マクベイン 太正湯・番頭のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる